プリンターを簡単に処分する3つの方法!一番最適な方法は?

不用品回収・買取業者をお探しなら以下の記事もチェック!

1.ネットオークションを利用して廃棄

ここ数年はネットオークションを使い慣れた人が増え、オークションにもプリンターが出品されるようになりました。家庭用プリンターを安く買いたいという方はたくさんいますから、正常に作動するプリンターであれば売却できる可能性もあります。

この処分方法のメリットはお金がかからず、売れればお金が手に入る可能性があることですね。不用品がお金に変わると思えばちょっと嬉しいものです。

ただし、デメリットもありますので注意です。この処分方法のデメリットは出品や発送などの手間がかること。オークションに慣れていない人にとっては少し難関かもしれませんね。これを機にオークションを覚えたい!という方にはおすすめの方法です。

2.ゴミとして処分する

プリンターを何ゴミとして処分すればいいのかは自治体によって違っています。平成25年度からは「小型家電リサイクル法」が施行され、自治体によってそのルールが決められることになっています。

プリンターをリサイクルするのか、粗大ゴミとして扱うのかは自治体が決めること、ということです。必ず住んでいる場所の自治体に確認してからゴミとして処分しましょう。統一したルールがない分、確認しなければならないという手間がかかりますが、なんといっても処分費用が安く抑えれるのが魅力! 少しでも費用を安く抑えたいという方はゴミとして処分するのが一番ですね。

3.不用品回収サービスを利用する

ここ数年でぐっと件数を伸ばしているのが不用品回収サービスです。不用品回収サービスを利用するメリットは「どんな小さなものでも、1点からでも回収してくれる」という点。そして、引取サービスのある業者であれば自分の都合のいい日に引き取りに来てもらえる、という点ですね。

モノによっては買取してくれる場合もあり、お金をかけずに処分できることもあります。
リサイクルショップの機能まで兼ねているサービスが増えているのでこれを利用しない手はないでしょう。

特に、引っ越しなどで時間がない人や、ごみの日まで待てないという人、他にも不用品がたくさんあるという方は引取サービスを利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

プリンターの処分方法を3つご紹介しました。ゴミとして捨てるのはちょっとなぁ・・・という方はぜひ不用品回収業者を利用して。ひょっとすると買い取ってもらえるかもしれませんし、手間もかかりません。時間がない人はとても便利ですから、不用品回収業者の利用を検討してみてくださいね。