コピー機の廃棄方法は? 粗大ごみで出せる? 自治体によって違う小型家電の処分

1.小型家電リサイクル法で対象になる機器

「小型家電リサイクル法」は、小型家電に含まれる金や銅・レアメタル・ベースメタルなどのリサイクルを目的に施行されました。この法律で対象となるのはコピー機やゲーム機・時計・炊飯器・ドライヤー・電子レンジなど、これまでの法律で対象外となっていたほぼすべての家電です。

コピー機もリサイクルの対象であり、この法律にのっとって廃棄する必要があります。ただし、従来の「家電リサイクル法」とは若干ルールが違っています。

2.まずは自治体に確認を!

「家電リサイクル法」は、対象品目を製造したメーカーにリサイクルが義務付けられていて、消費者がリサイクル料金を負担します。それに対し、「小型家電リサイクル法」は市町村が回収を行うことになっており、具体的にどの家電をどのようにして回収するかは自治体によって違います。

消費者のリサイクル料金負担も自治体によって決められます。これらが家電リサイクル法と大きく違うところですね。

つまり、コピー機を廃棄するためにはまず、

  • コピー機を自治体で回収しているか
  • 回収している場合はどこでどのように回収するのか
  • 料金はいくらかかるのか

これらを自治体の清掃課・環境課などに問い合わせてみましょう。

3.まだ使えるコピー機は?

まだ比較的新しいコピー機の場合はリサイクルショップにお願いするという方法もあります。
機種や年式によっては買取してもらえる場合もあります。地域のリサイクルショップに連絡し、確認してみましょう。

新しいのを買ったけど、古いのを廃棄するのはちょっと惜しい・・・という人は、最初からリサイクルショップを当たってみても構いません。買い取ってもらえなかった場合は自治体に従って廃棄してください。

3-1.不用品買取業者を利用する

地域にある不用品買取業者を利用すれば、よりカンタンにコピー機を廃棄できます。コピー機は小さいから引き取ってもらえないと思っている方もいますが、不用品買取業者は1品からでも対応してくれるところがほとんど。電話をすれば引き取りに来てもらえるというのも便利な点です。自分の都合の良い時間に来てもらえるというのも大きなメリットですね。

電話で査定してくれる業者もたくさんありますから、一度電話をしてみてもいいでしょう。時間がない方やすぐに廃棄したい方は不用品買取業者がおすすめです。

コピー機の廃棄方法まとめ

  • コピー機は「小型家電リサイクル法」にのっとって廃棄
  • 対象機器かどうかを自治体に確認
  • 対象機器の場合は自治体の指示にのっとって廃棄
  • 対象外の場合は粗大ごみ、燃えないごみとして廃棄
  • 年式が新しいコピー機はリサイクル業者に買い取ってもらえる場合もある
  • 時間がない人やすぐに廃棄したい場合は不用品買取業者が便利!

小型家電リサイクル法はまだ施行されてから日が浅く、自治体によって大きく対応が違うのが現状です。必ず自治体に確認をとり、指示通りの方法で廃棄してください。まだ新しいコピー機の場合は、リサイクル業者に相談してみましょう。時間がないからすぐにでも廃棄したい! という場合は不用品買取業者に依頼してください。