「 家電を手放したい 」一覧

今やなくてはならない家の家電たち。

古くなったテレビや洗濯機の買い替え時はいつが最適なのでしょうか。

実は家電の寿命は種類ごとにだいたい決まっています。

それを超えると保証期間を過ぎたり部品が手に入らなくなったりしますから、適度な時期に買い替えておくのが一番お得です。

ここでは主な家電の最適な買い替え時期をご紹介しましょう。

気になる新製品がある方はぜひ参考になさってください。

  1. 家電は故障する前に買い替えよう
  2. 家電の寿命と最適な買い替え時期

続きを読む


粗大? プラ? もう迷わない! 照明器具の捨て方を種類別に解説!

どの家庭にもある照明器具。

大小さまざまな大きさのものや、いろんな素材でできているものがあります。

そんな照明器具を捨てる際、「どうやって捨てたらいいの?」と悩んだ経験はありませんか?

ここでは、不要になった照明器具を処分する方法を、種類に分けてご紹介したいと思います。

捨て方を間違えると、苦情やトラブルの原因になりかねません。

この記事を参考に、正しい方法で処分しましょう。

  1. 蛍光灯の捨て方は?
  2. 天井照明器具の捨て方は?
  3. スタンドライトの捨て方は?

続きを読む


テレビを買い替えたとき、古いテレビは処分する必要があります。

まだ新しいテレビの場合は、リサイクルショップで売るのがおすすめ。

リサイクル料金を支払って処分するよりもお得ですし、出張買取してもらえば運び出す手間も省けます。

ここではリサイクルショップに売却するときにより高く売るコツをご紹介しましょう。

古いテレビを処分してしまうのが惜しい方はぜひ参考になさってくださいね。

  1. なるべく早めに売る
  2. 付属品をそろえる
  3. 故障している場合は修理しておく

続きを読む


自治体のゴミ出しのルールが厳しくなるにつれて、不用品回収業者にいらなくなったものの処分を依頼する人が増えてきています。

しかしその一方で国民生活センターには業者とのトラブルの相談が何件も寄せられているのです。

そこで今回は優良な業者の選び方をご紹介しましょう。

不用品の処分を業者に依頼しようと考えている方はぜひご一読くださいね。

  1. 不用品回収業者とのトラブルの内容は?
  2. 優良な業者はここが違う!
  3. 口コミも参考になる

続きを読む


技術の進化により、どんどん薄型で美しい画面になっていくテレビ。

新しいものが販売されると、ついつい買い替えたくなる、という人も多いんじゃないでしょうか。

買い替える場合は古いテレビを処分する必要があります。

家電リサイクル法の施行により、ブラウン管でも液晶テレビでも、粗大ごみとして引き取ってもらうことができなくなりました。

では、古いテレビはどうやって捨てるのでしょうか?

テレビの買い替えや古いテレビの処分を考えている方のために、テレビを捨てる方法をご紹介しましょう。

  1. リサイクル料を払って自治体指定の引取所へ
  2. 家電小売店に引取を依頼する
  3. 不用品回収業者に依頼する

続きを読む


家電リサイクル法という法律が施行されたことは知っていても、詳しい内容をご存じの方は少ないと思います。

「家電が全部ゴミ捨て場に捨てられなくなったんでしょ」と思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は家電リサイクル法についてわかりやすくご紹介しましょう。

不要になった家電が家にあるという方、ぜひ一度読んでみてくださいね。

  1. 家電リサイクル法とは?
  2. 利用者はどうすればいいの?
  3. 不用品回収業者を利用する時は気を付けて

続きを読む


「学習机を処分したいが、処分方法に困っている」という人は多いことでしょう。

学習机は子どもが大きくなると不要になりがちですが、「まだ使えるのに捨てるのはもったいない」とか、「何ゴミにあたるのかわからない」などの理由で処分を先延ばしにするケースも珍しくありません。

今回は、学習机の処分方法をいろいろと紹介します。

  1. 学習机の処分方法とタイミング
  2. 中古でも需要がある学習机の特徴
  3. 学習机を買取に出す方法
  4. 学習机の処分に関するよくある質問

この記事を読めば中古でも需要がある学習机の特徴などもよく分かるでしょう。

学習机の処分方法に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


パソコンが普及してから、コピー機やプリンターも一般家庭に普及してきました。

最近ではプリンターやコピー機が一緒になった複合機が出始め、古い機種は買い替え時になってきています。

では、不要になったコピー機はどうやって廃棄すればいいのでしょうか。

コピー機は「家電リサイクル法」では対象外ですが、平成25年から施行されている「小型家電リサイクル法」では対象機器になっています。

この「小型家電リサイクル法」にのっとった廃棄方法をご紹介しましょう。

  1. 小型家電リサイクル法で対象になる機器
  2. まずは自治体に確認を!
  3. まだ使えるコピー機は?

続きを読む