だるまの正しい捨て方を解説! だるまを捨てるタイミングはいつ?

1.だるまは1年ごとに買い換える縁起物

だるまは、中国の高僧「達磨大師(だるまたいし)」の姿をかたどった縁起物です。毎年お正月に1年の幸福を願い、寺社で購入する人もいるでしょう。また、「酉(とり)の市」や「えべっさん」など縁起物を販売する行事で購入するケースもあります。だるまは、基本的に1年飾ったら、新しいものに交換するものです。買ったときに願いがかなうように左目を入れ、願いがかなったときや処分するときに右目を入れます。片目だけを入れて捨てるのは縁起が悪いので、右目を入れて処分してください。

2.寺社にだるまを放置しない

だるまは、寺社で供養を受け付けてくれます。ただし、だるまを黙って寺社に置いてきてはいけません。古いお札やお守りの回収ボックスがあるところでも、同様です。必ず事前に電話などでだるまが供養できるかどうか問い合わせ、引き受けてもらえるなら、初穂料や供養料と共にだるまを寺社に納めてください。

3.だるまの正しい捨て方

この項では、寺社に供養を依頼する以外にだるまを捨てる方法を紹介します。

3-1.だるまを買った市に持って行く

酉の市やえべっさんなど縁起物を扱う市では、古いだるまを納める場所が設けられています。だるまを買い換える場合は、古いだるまを持って行ってそこに納めましょう。そうすれば、まとめて供養してくれます。

3-2.小正月の行事に出す

地域によっては、1月15日前後に「どんど焼き」や「三九郎」といって正月の縁起物をお焚(た)き上げする行事があります。そこに古いだるまを提出し、焚き上げてもらってもいいでしょう。

3-3.遠方の寺社や専門業者を利用する方法

近くにだるまを供養してくれる場所がなく、どんど焼きなどの行事も行われない場合は、遠方の寺社や供養を行っている業者を利用する方法もあります。全国から人形供養を受けている寺社ならば、宅配便でだるまを送って供養してもらうことも可能です。申し込み方法は寺社によって異なるので、事前によく確認してから申し込んでください。また、捨てにくいものを引き取って供養してくれる業者もありますので、そのような業者をネットでさがして依頼してもいいでしょう。

3-4.ゴミとして捨てる方法

だるまはゴミとして自治体に回収してもらうことができます。何ゴミに当たるかは自治体によって違うので、出す前に確認しましょう。ゴミ収集場所に持って行く前に右目を入れ、いままでありがとうという感謝の気持ちを込めて手を合わせて捨てるのがおすすめです。