書庫を高価買取してもらう方法は? 高額査定のコツ・依頼先を解説!

1.書庫は買い取ってもらえる?

まずは、書庫の買取事情をチェックすることが大切です。それでは詳しく解説しましょう。

1-1.オフィス家具としての書庫が人気

書庫といってもさまざまな種類がありますが、オフィス家具としてよく使用されている事務用スチール書庫を思い浮かべる方が多いでしょう。ガラス上下書庫・ガラススライド書庫・引き違い書庫など多種多様でも、一般家庭で使用する書庫よりも業務用として使用するタイプに人気が集まっています。人気があるほど中古需要が高いため、買い取ってもらえる可能性が高いのです。事務用以外の書庫としては、コンパクトサイズのスチール書庫も人気があります。書庫の種類や状態によっては、買取対象になり得るのでゴミとして処分することだけが手放す方法ではありません。

1-2.一定の中古需要がある

オフィス用品としての書庫は、一定の中古需要があります。会社や企業は書類や資料などがどんどん増えるため、それらを保管するための書庫が必要不可欠です。新しいオフィスに引っ越するときに買い替えたり、起業したりするときに用意したりするなど、中古の書庫を求めるシーンがあります。個人で中古の書庫を購入するよりも、企業などの団体が購入するケースが多いと言えるでしょう。

1-3.家庭用の書庫も需要はある

人気があり一定の中古需要があるのはオフィス用や業務用ですが、家庭用の書庫も買い取ってもらえる可能性があります。本が好きで集めている人が大きめの業務用書庫を求める傾向がありますが、業務用のサイズが置けない場合もあるのです。そんな時に、家庭用の書庫をいくつか購入します。オフィス用や業務用よりも需要は低めですが、家庭用の書庫も買取対象になるのです。

2.買取対象となる書庫の特徴は?

それでは、買取対象となる書庫の特徴を具体的に説明します。

2-1.人気のブランドと種類をチェック!

オフィス用・業務用の書庫で人気があるのは、コクヨなどの大手事務用品メーカーです。国内で大部分のシェアを誇る有名なメーカーほど、中古需要が高く、買い取ってもらえる可能性があります。種類としては、両開きタイプや鍵つきなど使いやすく便利な機能がついている書庫が人気です。最近は、デスクと書庫が一体化しているスチールデスク書庫も人気が集まっています。書庫の人気や流行を把握することで、売り時が分かり、高く売ることができるでしょう。

2-2.元値は買取額が決まるポイント

一般的に、買取額は当時販売額の約5%と言われています。オフィス事務用品としての書庫も同じで、元値が高いものほど買取額もアップする可能性があるのです。元値は買取額が決まるポイントとなるため、いくらで購入したのかチェックするといいでしょう。また、書庫はサイズや容量が大きくなるほど元値も買取額もアップします。

2-3.相場を調べるならネット検索がおすすめ

大まかな買取相場を調べたいときは、ネット検索がおすすめです。オフィス用品を扱っている買取店のホームページをチェックしてみると、いくらで買い取ったのか買取実績が掲載されています。優良業者の多くは実績を掲載しているので、いくつか買取店のホームページを調べてみるといいでしょう。また、買取店のホームページ以外にも、ネットオークションやフリマサイトで落札額を調べる方法もあります。どんなものが高く売れているのかも自然と分かるでしょう。

2-4.買取相場は500円~数千円

書庫のサイズやメーカーなどによって異なりますが、買取相場は500~数千円が目安になるでしょう。ロッカータイプや扉がついていない書庫は500円~、両開きタイプで容量のある書庫は2,000円~買い取ってもらうことができます。あくまで目安となるため、具体的な買取額を知りたい方は無料査定を利用してください。