脚立の処分方法は? リサイクル・買取に出すコツを詳しく解説!

1.脚立を処分する方法

最初に、脚立を処分する主な方法を見ていきましょう。

1-1.自治体に処分してもらう

脚立は、自治体にゴミとして処分してもらうことができます。ただし、脚立の素材や大きさによって、ゴミの区分が異なるので注意しましょう。たとえば、以下を参考にしてください。

  • 木製:可燃ゴミ・粗大ゴミ
  • アルミ製・スチール製:不燃ゴミ・資源ゴミ・粗大ゴミ

また、自治体によってもゴミを区分する基準が異なるため、実際に出す前にきちんと調べてみてください。

メリット

  • 回収費用が無料もしくは安い

デメリット

  • 回収場所・日時は自治体が指定する
  • 回収場所まで運ぶ必要がある
  • 複数の脚立があるときは個数分の費用がかかる

1-2.不用品回収業者に処分を依頼する

脚立の処分は、不用品回収業者に依頼することができます。まずは、脚立の大きさや数・希望回収日時を業者に連絡して見積もりをもらいましょう。見積もりを確認して問題がなければ正式に依頼してください。なお、不用品回収業者に依頼した場合、1回につき数千円程度の回収費用がかかります。

メリット

  • 回収場所・日時を指定できる
  • 自分で運ぶ手間がかからない
  • ほかの不用品を同時に処分してもらえる

デメリット

  • 回収費用がかかる

1-3.業者に依頼するときは信頼度を重視しよう

脚立の処分を業者に依頼するときは、信頼度を重視して選ぶことが大切です。具体的には、以下のポイントを満たすところにしましょう。

  • 脚立などの不用品回収で豊富な実績がある
  • 回収後の脚立をきちんと資源リサイクルしている
  • 見積もりは無料
  • 回収費用がリーズナブル
  • 希望の場所・日時で回収してもらえる
  • スタッフの受け応えが迅速で丁寧
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可を取得している

2.脚立は条件によって買取可能

不要になった脚立も、条件しだいで買取してもらえることがあります。

2-1.買取してもらえる脚立の条件

買取してもらえる脚立は、以下のようなものです。中古品として再販可能もしくは資源価値が高いものが中心となります。

  • 金属製(スチール製・アルミ製など)
  • 人気メーカーのもの(アルインコ・ピカコーポレイション・長谷川工業など)
  • 破損・目立つ傷・ひどい汚れがない
  • 故障や不具合がない
  • 購入時の付属品・箱・説明書などがそろっている

2-2.脚立の買取金額相場は?

脚立の買取金額相場は、以下の一例をご覧ください。

  • アルインコ(PSW-210):1個3,000円程度
  • アルインコ(MA240F):1個7,000円程度
  • ピカコーポレイション(GMK-240A):1個5,000円程度

なお、買取金額は中古市場の需要や脚立の種類・状態によって変動します。詳しくは、業者の査定などで確認してください。