意外と面倒なチャイルドシートの処分方法! 買い取りに出して賢く処分!

1.チャイルドシートの処分方法

チャイルドシートを処分するときは、どのような方法があるのでしょうか。廃棄以外の方法についてもご紹介します。

1-1.粗大ゴミとして捨てる

古くなって汚れているものや壊れているものは、捨てるしかありません。チャイルドシートは粗大ゴミとして捨てることになるでしょう。粗大ゴミの場合、あらかじめ粗大ゴミシールを購入し、指定された日時に回収場所まで持って行く必要があります。料金は自治体によって異なるため、事前に問い合わせて確認しておきましょう。

1-2.リサイクルショップに売る

まだ使える状態のチャイルドシートであれば、リサイクルショップに売ってみましょう。近所のリサイクルショップに持って行ってみてください。ただし、あまりにも汚れがひどいものや状態の悪いものは買取対象になりません。再び家に持ち帰らなければならない場合もあるということを覚えておきましょう。

1-3.ネットオークションで売る

ネットオークションに出品する方法もあります。状態がよければ、3,000~5,000円程度で売れる可能性もあるでしょう。傷や汚れがある場合は、その部分の写真も載せるようにしてください。チャイルドシートの特徴や使用年数、付属品についても細かく記載することをおすすめします。ただし、ネットオークションは何かとトラブルも多いため、慣れていない人にはあまり向いていないでしょう。

1-4.寄付する

チャイルドシートの寄付を募っている機関もあります。寄付というと「お金」のイメージがありますが、チャイルドシートのような物品の寄付も、欧米では当たり前になっているのです。捨てる、売る以外の方法として、ぜひ覚えておいてください。

1-5.不用品回収業者に依頼する

おすすめなのは、不用品回収業者に依頼する方法です。チャイルドシートのような家庭から生じた不用品を回収してくれる業者を探してみてください。不用品回収業者のメリットは、自宅まで引き取りに来てくれるところです。自分で運ぶ必要がないため、大変便利でしょう。不用品回収業者は、さまざまな種類の不用品を回収してくれます。ほかにも処分したいものがあれば、まとめて依頼してみましょう。

2.チャイルドシートの買取条件

不要になったチャイルドシートを売りに出したい場合、どんな状態のものでも買い取ってもらえるわけではありません。買取に有利な条件にはどのようなものがあるのでしょうか。

2-1.きれいな状態であること

チャイルドシートは小さな子供が使用するものです。食べこぼしや皮脂、泥、ホコリなど、さまざまな汚れがついているでしょう。買取業者は、買い取ったチャイルドシートを清掃して再び商品として販売しています。状態がきれいであれば、それだけ清掃にかける手間を省くことができるのです。

清掃にかかる時間と人件費分がかからないため、それだけ高く買い取ってくれるでしょう。掃除機で汚れやホコリを取り除き、シミ汚れは洗濯用洗剤を使って拭き取ってください。プラスチック部分の汚れも掃除しておくことをおすすめします。あまりにも汚れがひどいチャイルドシートは買取対象にならないでしょう。できるだけきれいにしてから、査定してもらうようにしてください。

2-2.有名メーカーは高く売れる

チャイルドシートの買い取り条件には、当然メーカーも関係してきます。「アップリカ」や「コンビ」など有名メーカーのチャイルドシートは、中古でも人気が高いでしょう。タイプでいうと、新生児から幼児期を兼用できるタイプのものがよく売れています。

2-3.使用年数の短いもの

チャイルドシートは年々新しい商品が発売されています。使用年数の短いものほど、高く買い取ってもらえるでしょう。購入して2年以内のチャイルドシートなら、高値がつく可能性があります。「何年も使っていないチャイルドシートがある」という人は、できるだけ早く売りに出すべきでしょう。