そろそろ老前整理を…とお考えの方へ〜老前整理の方法と注意点〜

老いる前に不用品を整理して、スッキリと片付いた快適な生活空間を用意したい…そんな「老前整理」が、50代過ぎの人たちの間で注目されています。どのような方法で行えばいいのかな…と考えている方にむけ、上手な老前整理のポイントをご紹介しましょう!​

目次

  1. 老前整理の方法
  2. 残すか捨てるかの判断基準
  3. 老前整理を行う際の注意点
  4. まとめ

1.老前整理の方法

1-1.老前整理とは

50代過ぎの世代で話題を呼んでいるのが「老前整理」です。

「生前整理」と同じことと思っている方もいますが、少し違います。

生前整理は、死ぬ前に残される家族のために財産や遺品などの整理をして、相続につきもののトラブルを回避することです。

家族に迷惑をかけないために本人が行う、人生の整理整頓のようなものでしょう。

生前整理に対して「老前整理」は、老いる前に不用品を整理し、自分のためにスッキリとした快適な生活空間を作ることなのです。

年齢とともに気力も体力も衰えてくる一方、無駄なものは増えていきます。

そこで、元気なうちに不用品を処分して、快適な生活空間を手に入れるために行うのです。

老前整理は「老いる前」に行うので、何歳からでも行って構いません。

最近では、40代後半〜50代になるころから考える人が多いようです。

1-2.老前整理のやり方とは

老前整理は、元気なうちに不用品を処分し、すっきりと片付いた快適な生活空間を手に入れることです。

老前整理は、引っ越しのように期限が決められているわけではないので、あせらずに少しずつ、計画的に進めることがコツでしょう。

途中で面倒になってやめてしまわないために、以下のようなやり方で進めてください。

  • 時間に余裕のある日から始める。
  • 最初に家全体をじっくり見る。(普段は見ない庭の物置などすべて)
  • 一番不用品が少ない場所から始め、徐々に多い場所へと進める。

一度に欲張って片付けようとすると疲れてしまいます。

少しずつ始めましょう。

片付ける場所を決めたらリストを作り、整理整頓が済んだらチェックを入れるようにすると、進行具合が目に見えて分かるのでやる気が持続します。

そして、「必要なもの」・「処分するもの」に分けて、処分しようと決めたものは思いきってどんどん捨てていきましょう。